山口剛選手、強豪ひしめく『ジオルコウスキ国際大会』で7位と健闘!

Pocket




    





 

 2015年7月24日(金)、ポーランド・ワルシャワで開催された『ジオルコウスキ国際大会』にブシロードクラブ・山口剛選手がフリースタイル97kg級に出場し、4試合を闘って2勝を挙げ、7位という結果を残しました。

 2016年のリオ・オリンピック予選へ向けた前哨戦となる今大会には、世界ランキング上位のレスラーたちが集結。山口選手にとっては世界選手権前にトップランカーと闘えるまたとないチャンスとなりましたが、課題も多く見つかったようです。

 7月26日、成田空港に降り立ったばかりの山口剛選手をキャッチ! ポーランドでの試合について直撃しました!




 

——7・24『ジオルコウスキ国際大会』を振り返ってどうですか?

山口 今回はアジア選手権で優勝したイランの選手や世界4位のジョージアの選手も出ていて、予想以上にレベルが高かったです。でもおかげで世界選手権へ向けての1カ月間でやらなければいけないことが明確になったというか、勉強になる試合でした。

——具体的には?

山口 世界でもある程度の選手には勝てるようになってきたのですが、世界でメダルを獲っている選手からポイントを獲ることが本当に難しいというか、ちょっとしたチャンスをモノにできないとポイントにはつなげられないので試合運びですとか、ワンチャンスをモノにできるようなレスリングをしていかなければいけないなと実感しました。

——フェイント一つとっても世界レベルだとごく僅かの差ですよね。

山口 そうですね、変にフェイントばかり入れるとカウンターをもらう危険もあるので本当にちょっとの差が明暗を分けるんです。勝負どころで取りにいける力というか、前から課題ですけど、より一層強い選手と闘う上ではそれが重要になってくるので、あと1カ月しっかり集中して重点的にやっていきたいです。

——今回は1回戦でエジプトの選手に勝ち、2回戦でジョージアの選手(世界ランク4位)に惜敗、敗者復活戦1でトルコの選手に勝ち、敗者復活戦2でイランの選手に負けるという、2勝2敗という結果でしたね。

山口 自分のなかではイランの選手との試合が一番苦しかったです。自分のなかではもっとできるって自信があったんですが、相手がすごく対策をしてきてて硬かったので、自分の動きが何もできなかったのが悔しかったですね。

——イランの選手にすごく研究されていたんですね、今回は。

山口 決して舐められてるわけじゃないんですけど、世界でも警戒されるようなレベルに入ってきたんだと思います。前回のアジア選手権の時はまだ日本人の重量級は舐められてたと思うんです。だからこそ投げ技もバンバン決まったんですけど、今回は全然違ってタックル狙いで来てたので。

——日本の重量級に強いヤツがいる!と警戒されてる証拠ですね。世界選手権でも厳しい試合が待ってそうですね。

山口 でもその中で取り切れる力とか、ガブってからポイントにつなげられる力をつけるためにもナショナルのコーチ陣と相談して対策を練っていきたいです!

——試合前に遠征していたジョージア(グルジア)ではどんな練習を?

山口 マットよりはフィジカル面でのトレーニングが中心になったのですが、山をランニングする時は道なき道を草をかき分けて走ったり、狭いところに選手が入りすぎてサウナ状態になったトレーニングルームでウェイトをやったり、田舎で何もない環境でレスリングと向き合いながら厳しい練習ができました。

——寂しくはなかったですか?

山口 やっぱり日本語が話せないのが寂しかったですけど、電話もなかなかできなかったので辛かったんですけど、慣れたメンツと一緒にいい練習ができましたね。

■世界選手権へ向けて。

——では9月の世界選手権へ向けてあと1カ月、どんな練習をしていきますか?

山口 誰からでもポイントが獲れるような勝負強さをもっと磨くことと、あと試合展開の作り方も重要です。ただ練習するだけの時期は終わってるので、これからは理論的に考えて、なおかつ厳しい練習をやっていかなきゃいけないと思ってます。本当にちょっとしたことがポイントにつながると思うので、片足タックルに入るバリエーションを増やすとかいろんなことをやっていきたいです!

——凄いレベルまで来ちゃいましたね!

山口 オリンピック予選でも引っかかるラインにはいると思うんです! それをより確実なものにするために、もっともっとやる必要があるってことも分かったので、今回の遠征は凄く実りあるものだったと思います!

——まずは9月の世界選手権へ向けてヴァンガってください! 期待してます!

山口 はい! やってやります!笑







    


 

【試合結果】 
■フリースタイル97kg級/22選手出場(山口剛選手は7位) 
敗復2 ●[1-10]Mohammadhossein Mohammadian(イラン) 
敗復1 ○[フォール、4-4]Riza Yildirim(トルコ) 
2回戦 ●[0-5]Elizbar Odikadze(ジョージア=グルジア) 
1回戦 ○[5-0]Amin Rabei Aly Hamdy(エジプト)

 

【山口剛 Twitter】 
https://twitter.com/BUSHI_YTAKESHI

【関連ニュース/日本レスリング協会】 
高橋侑希(山梨学院大)が優勝、2選手が2位…ジオルコウスキ国際大会

http://www.japan-wrestling.jp/2015/07/25/73751/